ランディングページ制作 コラム

成熟期にある商品での集客を考える。

編集する

成熟期にある商品での集客を考える。 - ランディングページ制作

成熟期にある商品での集客を考える。

成長期に多数の企業が参入し、供給が需要を上回る「モノあまりの状態」となっている成熟期では、商品・サービスの利用者は、すでに競合の顧客である可能性が高いと思われます。

成熟期の初期では「価格」による競争がはじまり、安売り合戦によって体力の無い企業は淘汰されることになります。そして、成熟期の後期では価格だけの訴求では集客できないようになり、独自の「価値」を訴求できる企業だけが生き残ります。

マクドナルドやユニクロが単なる安売りではなく、独自の新たな価値観を提供して成果を上げているのに対し、いまだに安売り一辺倒で売っている企業はたいてい苦戦を強いられています。

成熟期では、わざわざ他社の商品にスイッチして頂くだけの「動機」を生み出す必要があるため、いかに自社の強みをブランディングをしていくかが重要な要素となります。

価格から価値へと顧客の求めるものが変化していく中で、ターゲットを絞り込み、独自の強みをどのように演出して伝えていくか。成熟期にはイメージ戦略を踏まえた集客をしていくことが必要です。

  1. 以下の記事(掲載予定記事あり)もあわせてご覧頂けますと幸いです。
  2. 1、プロダクトライフサイクルを考える。
  3. 2、集客するメディアを選ぶ。
  4. 3、成熟期にある商品での集客を考える。
  5. 4、導入期にある商品での集客を考える。
  6. 5、成長期にある商品での集客を考える。
  7. 6、商品の位置づけを明確にする。
  8. 7、マーケティング計画をたてる。
  9. 8、マーケティング予算を組む。
  10. 9、伸びているものをさらに伸ばす。
  11. 10、たった一人のお客様を思い浮かべる。
  12. 11、高額商品を売るのか、低額商品を売るのか。
  13. 12、法人企業に売るのか、一般消費者に売るのか。
  14. 13、買わない理由を無くす。
  15. 14、価格ではなく、価値を伝える。
  16. 15、特典をプラスして、行動を促す。
  17. 16、マーケットシェアを考える。
  18. 17、顧客管理の基本について。
  19. 18、レスポンス広告はテストがすべて。
  20. 19、分析の基本を知る。
  21. 20、エクセルで簡単にできる統計分析。
  22. 21、人の幸せを描くマーケティング。


まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介