ランディングページ制作 コラム

マーケティング予算を組む。

編集する

マーケティング予算を組む。 - ランディングページ制作

マーケティング予算を組む。

マーケティングの年間予算を組む際は、過去の実行データが蓄積されていれば、それを分析することで最適な施策を選択し、想定粗利の10%程度の範囲内で配分をします。

過去のデータがない場合には、小規模の予算でテストマーケティングを行い、そもそもの販促プランがきちんと機能するかどうかを見極めた上で予算組みを行います。

年間予算を組む際には、何の実行データもないまま計画をたててしまうより、たとえ3ヶ月間でもテストを行った結果をもとにします。そして、Googleトレンドのようなツールを利用して季節変動を確認し、ニーズが高まる月に優先して予算を割り当てます。

テストマーケティングを行う際は、販促に掛けるコストが赤字になってしまわないように、1人あたりの顧客獲得単価「CPA」を設定し、それを達成できるかどうかを見極めておくことが重要です。CPAは可能な限り顧客のリピート率を踏まえた生涯価値にもとづいて正確に算出することが望ましいです。

  1. 以下の記事(掲載予定記事あり)もあわせてご覧頂けますと幸いです。
  2. 1、プロダクトライフサイクルを考える。
  3. 2、集客するメディアを選ぶ。
  4. 3、成熟期にある商品での集客を考える。
  5. 4、導入期にある商品での集客を考える。
  6. 5、成長期にある商品での集客を考える。
  7. 6、商品の位置づけを明確にする。
  8. 7、マーケティング計画をたてる。
  9. 8、マーケティング予算を組む。
  10. 9、伸びているものをさらに伸ばす。
  11. 10、たった一人のお客様を思い浮かべる。
  12. 11、高額商品を売るのか、低額商品を売るのか。
  13. 12、法人企業に売るのか、一般消費者に売るのか。
  14. 13、買わない理由を無くす。
  15. 14、価格ではなく、価値を伝える。
  16. 15、特典をプラスして、行動を促す。
  17. 16、マーケットシェアを考える。
  18. 17、顧客管理の基本について。
  19. 18、レスポンス広告はテストがすべて。
  20. 19、分析の基本を知る。
  21. 20、エクセルで簡単にできる統計分析。
  22. 21、人の幸せを描くマーケティング。


まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介