AIDMA(アイドマ)の法則 - ランディングページ制作

AIDMA(アイドマ)の法則

AIDMA(アイドマ)の法則とは、
Attention(注意)→ Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動)
の頭文字を取ったもので、アメリカのローランド・ホールが提唱した「消費行動」の仮説です。

消費者があるモノを知ってから買うという行動に至るまでのプロセスであり、コミュニケーションに対する反応プロセスでもあります。

このプロセスは、
Attention(注意)と Interest(関心)における「認知段階」
Desire(欲求)と Memory(記憶)における「感情段階」
そして Action(行動)における「行動段階」
の3つに分けられます。

AIDMA(アイドマ)の法則は、消費者に視点を置いたところが特徴的ですが、価値観やコミュニケーションの基盤となる知識レベルが異なる個々人において、同じコミュニケーションを行なった場合でも、それに対する反応は異なってきます。そのため、アイドマを意識したコミュニケーションでは、そのコミュニケーションが顧客の「認知段階」に影響を与えるのか、「感情段階」に影響を与えるのかという目的の明確化が必要であると同時に、「誰に対するコミュニケーション」なのかというマーケティングの基本とも言えるターゲットの選定が重要な要素となります。

ただ、インターネットの普及とブログやSNSの利用者が急増することにより情報の流れが変化しており、従来の企業から消費者へ向けてのコミュニケーションだけでは十分な効果が得られなくなりつつあります。個人自らが情報の発信者となり、他の人と情報を共有することが容易になった現在、消費者の「消費行動」の変化がおこり、AIDMA(アイドマ)の法則から、AISAS(アイサス)の法則あるいはAISCEAS(アイシーズ)の法則へと消費行動のプロセスが移り変わってきているといわれています。


まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介