イノベーション - ランディングページ制作

イノベーション

イノベーションとは、商品やサービス、あるいは販売方法など、あらゆる事柄に対して新しい価値を創造することです。「技術革新」と訳す場合も多く見られますが、技術革新を含めた、社会的に持続した発展をもたらす人間の創造的活動全般を指す言葉として使うべきです。

経済学者のJoseph Alois Schumpeterは、イノベーションの類型を次の5つとしています。

・新製品の開発
・新生産方式の導入
・新市場の開拓
・新原料・新資源の開発
・新組織の形成

企業が市場優位性を保つためには、常に市場のニーズをとらえその中での持続的イノベーションを行うことが必要と言われています。これはマーケティングにおける極めて基本的な考え方ですが、2003年に「ビジネスの神様」と呼ばれるハーバードビジネススクール教授のClayton Christensenが優良企業がトップの座から落ちる理由について独自の理論「イノベーションのジレンマ」を発表し、大きな話題となりました。

■イノベーションのジレンマに陥る優良企業たち
この原理は、1997年に出されたChristensenの著書「イノベーションのジレンマ-技術革新が巨大企業を滅ぼすとき(原題:The Innovator's Dilemma: When New Technologies Cause Great Firms to Fail)」の中で、初めて明かされた。本の中でChristensenは、競争力を維持し、顧客を重視し、研究開発への投資を行っている優良企業が、努力の甲斐もなく市場優位性を失っていく理由を徹底的に分析している。

 Christensenは多くの業界についての分析結果を示し、Digital Equipment Corporation(DEC)に代表されるかつての優良企業がトップの座から落ちるのは、競合他社が強くなったためではなく、むしろ一見取るに足らないような、あまり質の高くないソリューションを提供する新規参入企業が現れたためだと結論づける。

 大手企業は一般的に、要求度の高い顧客のニーズに応えるため、より高機能な商品の開発に力を入れる。この性能向上を求める絶え間ない努力を、Christensenは「持続的イノベーション」と呼ぶ。

 「技術進歩のレベルが顧客の実際のニーズと活用能力をはるかに超えると、行き過ぎが裏目に出る。新興企業に、より安く単純で、高機能を必要としない顧客から見れば十分な性能を持つ商品を提供する機会を与えてしまうのだ」と、Christensenは言う。そして、これを「破壊的イノベーション」と名づける。

 Christensenの考えによると、新規参入企業は低価格帯の市場に一度根をおろせば、その製品を改善してシェアを拡大することができる。場合によっては、市場トップの企業を追い落とすこともあり得るというのだ。
※参照:CNET「イノベーションのジレンマに陥る優良企業たち


まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介