イノベーター理論 - ランディングページ制作

イノベーター理論

イノベーター理論とは、1962年、スタンフォード大学のエベレット・M・ロジャース教授の著書『Diffusion of Innovations(イノベーションの普及学)』で提唱された、イノベーションの普及に関する理論です。

ロジャースは、新しい商品やサービスが普及する中で、商品購入に対する態度、とりわけ「新商品購入の早い順」を基準に、ユーザーを5つにタイプ分けしました。

・イノベーター:革新的採用者〔2.5%〕
・アーリー・アダプター(オピニオン・リーダー):初期少数採用者〔13.5%〕
・アーリー・マジョリティ:初期多数採用者〔34%〕
・レイト・マジョリティ:後期多数採用者〔34%〕
・ラガート:伝統主義者(採用遅滞者)〔16%〕

この中で唱えられたのが、下記の『普及率16%の論理』です。

■普及率16%の論理
イノベーター理論の分類における「イノベーター」は非常に少人数で、さらに新商品に対しては「新しさ」そのものに着目している人達です。それに対して、「アーリーアダプター」は、新商品の新しいベネフィットを発掘し、注目する人です。他の消費者への影響力も大きく、新しいベネフィットをネットワークを通じて伝えてくれます。

イノベーターとアーリー・アダプターは、合わせても全体の16%ですが、多数を占める残りのアーリー・マジョリティ、レイト・マジョリティにイノベーション(この場合は新商品・サービスなど)が普及するかには、前者の16%に普及するかどうかが大きな分岐点となります。これを普及率16%の論理と言います。


まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介