ファイブフォースモデル - ランディングページ制作

ファイブフォースモデル

ファイブフォースモデルとはアメリカのマイケル・E・ポーターが提唱した競争戦略論の分析手法のひとつであり、自社を脅かす5つの脅威を新規参入者、買手、売手、代替品、競争者の5つの視点から分析したものです。

5つの脅威を理解したうえで自社の経営戦略を策定してゆくことが必要であると考えられています。

・潜在的な新規参入者
・買手交渉力の変化
・供給者の交渉力の変化
・代替商品、代替技術
・既存市場での競争者

企業を取り巻く業界の構造や、その業界での利益性、あらたな業界への新規参入の可能性などを整理し把握することができるため、マーケティング戦略において重要な視点となり、戦略策定段階における市場分析の一手法として活用できます。


まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介