パレートの法則 - ランディングページ制作

パレートの法則

パレートの法則とはイタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレートが、欧州各国や米国の統計データに基づいて統計的に所得配分の研究を行い、1896年にローザンヌ大学の論文集に成果を発表したもので、一国の富、企業の売り上げ、不良品の発生などにおいて分配・分布・発生原因を考えたとき、その大勢は少数の要因によって決定されるという法則で一般には80対20の法則と呼ばれることもあるが、本来はまったくの別ものです。

パレートの法則は早くから所得配分だけではなく、自然現象にも当てはまると指摘され、品質管理、在庫管理、売上管理、マーケティングなどにも適用できるとされていたが、現在ではパレートの法則は、法則と言うよりもいわゆる経験則のたぐい語られることが多くあります。

また主要な一部(80:20の法則で言う20%の部分)だけが重要で、残りは重要ではないという説明が見られることもあり、ロングテール理論はこのパレートの法則のアンチテーゼとして多く語られていますが、これも80対20の法則とパレートの法則を同一のものと見なすための誤解であり、本来のパレートの論旨とは無関係です。


まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介