プロダクトライフサイクル - ランディングページ制作

プロダクトライフサイクル

プロダクトライフサイクルとは、新製品の市場動向は4つの段階を経ながらS字カーブを描くというマーケティング戦略の定番とも言うべき考え方です。

導入期:
需要も小さく、売上げの増加率は低い。製品導入にかかわるマーケティング費用が多いので、利益は生じない。製品の本質的機能を消費者に認知させる事が戦略となる。

成長期:
需要拡大に伴う売上げの急上昇によって、利益が得られるばかりか、持続的な増益も期待できる。多くの企業が参入するが、市場全体の成長が吸収し、他社が等しく成長を分け合うことができる。そのためシェア維持のための市場拡大が戦略課題となる。

成熟期:
売上げ成長率が低下する。シェアを維持するためのマーケティング費用の増加に伴い、利益は減少する。限られたパイの奪い合いの様相を呈し始め、経営資源に対応した競争生き残りが戦略課題となる。

衰退期:
売上げ、利益ともに減少し、時には赤字に転ずる。この段階では衰退するか、イノベーションにより新たな価値創造を行うか、どちらかの戦略をとらざるをえない。後者を選択するならば、市場ニーズを見直すことから始めなければならない。

もちろん、全ての商品がこのようなサイクルを描くわけではなく、導入時期に失敗すれば、直後に衰退期に入る場合もあります。しかし、事情において「成功」と言われる商品はすべてこのライフサイクルにあてはまると言われます。その中でも、製品の寿命の鍵となるのが成熟期で、企業が環境変化に敏感に対応し、マーケティング戦略を見直し修正を重ねることによってロングセラー商品が生まれることになります。


まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介