ランチェスターの法則 - ランディングページ制作

ランチェスターの法則

ランチェスターの法則とは、英国人フレデリック・ウィリアム・ランチェスターが第一次大戦における飛行機の損害状況を調べて得た法則です。日本ではランチェスターの法則は販売戦略として再構築されビジネス論として知られています。

ランチェスターの法則にはふたつの基本法則があり、ひとつは「一騎打ちの法則」、もうひとつは「確率戦闘の法則」あるいは「集中効果の法則」と呼ばれています。

「一騎打ちの法則」とは、「2者間の戦いにおいては、武器の性能が同じであれば、兵力が大きい方が勝つ」というものです。

「確率戦闘の法則」(集中効果の法則)とは、「持っている武器の性能が同じである集団同士での戦いにおいては、被害は戦力の二乗比の差になる」というものです。

例えばA社とB社が攻撃をしあう際にA社の兵力が100、B社の兵力が50とするとB社はA社から2倍の兵力で攻撃を仕掛けられることになる。逆にB社の攻撃はA社の2倍拡散してしまうことになる。これを掛け合わせるとA社はB社の2倍の兵力があるだけだが実際には4倍の強さがあるということになります。

ユーザーニーズが分散し、商品もますます多様化していく現在のマーケットにおいて、ランチェスターの法則が有効に働くかどうかは疑わしいケースも多いと思われます。


まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介