ロングテール理論 - ランディングページ制作

ロングテール理論

インターネットを利用したECサイトでは、膨大な数のアイテムを低コストで取り扱うことができるために、ヒット商品だけに依存することなく、ニッチ商品の多品種少量販売によって大きな売り上げ、利益を得ることができるという経済理論です。

米WIRED誌の編集長だったクリス・アンダーソンが、2004年10月の同誌に「the Long Tail」という記事を執筆し、オンラインDVDレンタルショップの米Netflixやオンライン書店のアマゾン・コムなどでは、リアルビジネスとは異なる収益構造が見られることを指摘したことから注目されるようになりました。

これまで商品販売では上位の20%の商品が全売上の80%を占めるという「80対20の法則」が成立することが知られ、このためABC分析などを行って売り上げ下位のアイテムを整理することが必要だといわれていました。

これは売り場面積やバックヤード在庫などの物理的制約があって限られたアイテムしか扱うことができず、かつ在庫(店頭在庫含む)には固定費が掛かるために、それを賄うだけの在庫回転率のあるアイテムでなければコスト的に見合わなかったからです。

しかし、オンラインビジネスでは無限ともいえる売り場スペース(Webサイトなど)を用意することができ、地代の安価な場所に在庫スペースを設置することができるため、従来の物理的制約の多くを乗り越えることができます。

特にデジタルコンテンツのダウンロード販売のような在庫固定費をほとんど無視できるビジネスでは、数年に1回しか売れないようなアイテムであっても、データベース上に登録しておくだけでよいなら"整理"する必要はなく、そうしたアイテムを数多く用意することで大きな売り上げを期待することができます。

ロングテールとは、このような従来ならば死に筋と呼ばれたニッチ商品(群)のことをいいます。これは縦軸に販売数量、横軸にアイテムを販売数量の多い順に並べたグラフを描いた際に、販売数量の少ないアイテムを示す部分が長く伸びるさまをロングテール(長い尻尾)に見立てた呼び名です。


まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介