定量分析 - ランディングページ制作

定量分析

定量分析とは、数字(定量データ)を使ってある事柄を表現し、評価・解釈するプロセスです。
「男/女」のように、数字ではなくてもデジタル記号に置き換えて類型化できるものは、定量データとして扱うことができます。定量分析を行うことで意思決定の精度が増すとともに、行動にプライオリティをつけることが可能となります。

定量分析の第一の目的は意思決定やコミュニケーションの効果・効率を高めることです。意思決定やコミュニケーションの質およびスピードを向上させることと言い換えることもできます。数字を加工するだけでなく、それを評価・解釈することができてはじめて分析と言えます。

もちろん、定量分析の結果だけで意思決定が下せるわけではなく、分析に時間をかけすぎると逆効果になることもあります。しかし、客観的な数値を用いると、利益予測、リスクや成功確率の推測、他のオプションとの比較などが可能になり、的確な状況把握や合理的判断がしやすくなり、その結果、主観や勘のみに頼る場合よりも意思決定の質が向上し、検討時間の短縮にもつながっていくのです。

■分析の精度と分量 20-80のルール
分析をする場合、集める情報量が多く、分析の精度が高いほど、より良い結果が得られる、というものではない。このことを戒めるためにしばしば言われるのが、「20-80のルール」である。これは、「100のアウトプット(成果)を生み出すために100のインプット(労力や時間)が必要だとすれば、そのアウトプットの80%は最初の20%のインプットから生まれる」ことを意味する。

つまり、ある時点を超えたら、むやみに時間や労力を費やしても得られるものは少ないということだ。このことは、状況が刻々と変わり、スピーディな対応が求められるビジネスの世界には、とくによく当てはまる。ビジネスにおける分析では、必ずしも100%の精度を追求する必要はない。ある程度の精度が確保できれば、完璧さよりも、意思決定のタイミングやスピードのほうがより重要になってくる。

先述したように、定量分析の1つの目的は、メリハリやプライオリティを明確にすることにある。スピーディなアクションにつなげるためにも、分析プロセスの各段階において、精度や分量についてメリハリを意識したいものである。
※参照:http://book.diamond.co.jp/_itempdf/0201_biz/41032-1.pdf


まずはわたしたちの制作実績をご覧ください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お問い合わせフォームへ お問い合わせフォームへ
  • 会社概要
  • スタッフ紹介