アクセス解析による検証・改善

ランディングページを訪問したユーザーのアクセスログを解析することで、ターゲットユーザーのニーズを満たし、問合せや購買といった成果につなげるために必要な、ランディングページの訴求要素を正しく提供できているかを検証します。

基本的な検証としては、ランディングページ内での必要滞在時間は確保できているか、直帰率に問題は無いかといったポイントを把握することと、入力フォーム内でのページ遷移はスムーズに行われているかを離脱率を検証することで把握し、問題点があれば改善します。

成果をもたらすニーズの把握

ランディングページの構成要素のうち、ユーザーニーズを満たしている訴求要素を把握します。ユーザーの気持ちをもっとも動かす訴求ポイントを探るために、違った切り口で表現したページをA/Bテスト(スプリットランテスト)を行いながら検証していくことも有用です。

成果をもたらす可能性のあるニーズの把握

コンバージョンにいたるまでの過程において中間目標を設定しておくことで、ランディングページを訪問したユーザーをニーズに別に分類し、ユーザーニーズを満たす可能性のある訴求要素を把握します。可能性があると判断できる要素を追加、改善することで成果をもたらすニーズへと転換していくことが可能です。

集客、検証、改善をひとつひとつ丹念に繰り返していくことで、コンバージョン数を着実に積み上げていくことができます。コンバージョン率を上げてから集客するほうが、費用対効果は高くなりますが、集客してみなければ、検証することもできません。鶏が先か、卵が先かの議論になりますが、集客、検証、改善のフェイズを短い期間で高速に回していくことは、最適な手法のひとつです。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お見積もりフォームへ お問い合わせフォームへ
pagetop