LPOツールの活用

ランディングページへLPOツールを導入することによって、リスティング広告やアフィリエイトで集客したターゲットに対し、ニーズにぴったりマッチした情報を自動的に表示させ、ランディングページの直帰率を下げ、ユーザーのモチベーションを高めることにより、サイトのコンバージョン率をアップさせることが可能です。

ユーザーの検索キーワードにマッチした画像、コピーを自動表示

ユーザーの検索キーワードにマッチした画像、コピーを自動表示

ユーザーが検索した際に使用するキーワードに応じて、ランディングページのメインビジュアルやサイト内に配置した画像、キャッチコピー等のコンテンツを事前に登録しておくことで、検索ニーズにマッチしたものをLPOツールが自動的に表示します。

例えば不動産物件を扱うサイトならば、「マンション 賃貸 南青山」で検索してきたユーザーに対しては、南青山のお勧め賃貸物件の画像を表示させたり、「新築 戸建て 下北沢」で検索されたユーザーに対しては、下北沢のお勧め戸建物件を表示させることが可能です。

検索ニーズとランディングページの訴求ポイントを一致させることで、「直帰率の低下」を図り、ユーザーのモチベーションを高めます。

ユーザーの訪問経路に応じたコンテンツを自動表示

ユーザーの訪問経路に応じたコンテンツを自動表示

ユーザーがアフィリエイトで出稿しているバナー広告やテキスト広告を経由してランディングページを訪問する際に、ランディングページのメインビジュアルやサイト内に配置した画像、キャッチコピー等のコンテンツを事前に登録しておくことで、訪問経路の広告内容にマッチしたものをLPOツールが自動的に表示します。

例えば期間限定で「今だけ30%オフ!」というバナー広告を経由してサイトを訪問してきたユーザーに対しては、ランディングページのメインエリアで30%オフのおすすめ商品のリストを表示させることが可能です。

出稿している広告内容とランディングページの訴求ポイントを一致させることで、「直帰率の低下」を図り、ユーザーのモチベーションを高めます。

ユーザーの属性(新規/リピート)に応じたコンテンツを自動表示

ユーザーの属性(新規/リピート)に応じたコンテンツを自動表示

ランディングページにアクセスしてきたユーザーが新規訪問者かリピーターかを判別し、LPOツールが自動的にページを振り分けます。キーワードや訪問経路別の訪問者と同様に画像データだけの切り替えも可能です。

例えばショッピングサイトでは、新規訪問者だけは初めてのご訪問に限り、限定のおすすめ商品を大きく表示されたページへと誘導することで顧客化を促し、リピーターには通常のページへと誘導することが可能になります。

集客施策をしっかり行っているサイトほど、LPOツールを活用することにより、得られる成果は大きくなります。特にリスティング広告で設定したランディングページの直帰率が高い際は、広告出稿費を有効に活用していくために、是非、導入をご検討なさってみて下さい。

ランディングページの直帰率95%を、90%に出来た場合、単純計算ではコンバージョンが倍になります

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お見積もりフォームへ お問い合わせフォームへ
pagetop